溶接方法  ロウづけ、ハンダ付け

2013-07-10

お疲れ様です。

今日は朝からめちゃ暑かったですね・・・

本格的に夏が来たって感じです!

朝から汗だくでした。

水分補給はしっかりとしていきたいです。

今日の勉強はハンダ付けロウ付けです。

ハンダ付けは聞いたことがあると思います。

ハンダと呼ばれるスズ合金(軟ろう)を溶かして銅線などを固定することをハンダ付けといいます。

PCの基板などの裏面を見ると水滴が落ちて固まった金属が見られるはずです。

それがハンダです。

ハンダ付けは片方にハンダ棒を持って、片方にハンダごてを持つために両手が塞がりますが今はごてにハンダ棒を押し出す機械をつけて片手で持てるキットなどがあって便利です。

ロウ付けはハンダとは違い硬ろうと呼ばれる合金を使用します。

違いは融解する温度で硬ろうの方が融解しにくいです!

また硬ろうでも合金がいろいろあるので一概にこの合金を使うとは言えないですが一般的には銀ろうが多く使用されています。

銀ろうと言っても銀の成分はまちまちで、だいたい1割程度です。

まぁそれでも高いんですけどね。

今日はここまでです。

お疲れ様でした

お問い合わせ

注文・見積りフォーム